活動紹介

自然教育・環境教育を実践する場と機会を拡充する取り組み

CESでは、1989年の設立以来、自然公園におけるビジターセンター・ネイチャーセンターなどの拠点運営と整備などを行ってきました。また自然体験プログラムの企画・実施なども行なっています。

施設・公園の管理運営

CESでは現在、都内を中心に17施設の運営業務、解説業務を行なっています。自然公園のみならず近年は都市公園での環境教育のニーズも高まっており、そうした施設の運営などにも多く関わっています。

自然公園
  • さいたま緑の森博物館
  • 山のふるさと村ビジターセンター
  • 御岳ビジターセンター
  • 高尾ビジターセンター
  • 桂川ウェルネスパーク
  • 山梨県森林公園金川の森
  • 那須高原ビジターセンター

くわしくはこちら

都市公園
  • (一財)世田谷トラストまちづくりビジターセンター
  • 世田谷区立二子玉川公園ビジターセンター
  • 駒場野公園
  • 中目黒公園花とみどりの学習館
  • 足立区荒川ビジターセンター
  • 桑袋ビオトープ公園
  • 足立区生物園
  • 台東区立環境ふれあい館ひまわり環境学習室
  • 千葉市動物公園動物科学館・こども動物園
  • 板橋区ホタル生態環境館

くわしくはこちら

プログラム・自然教室の実施

都会の子どもを自然豊かな場所に連れて行くキャンプ、あるいは都会の中での自然観察会、いずれの場合も地域のポテンシャルを生かした、体験学習、自然教室などの企画運営を行なっています。

くわしくはこちら 

自然教育・環境教育に携わる人材育成の取り組み

CESでは、自然の案内人であるインタープリター、ファシリテーターなどの人材育成、および研修を多く実施しております。また、ボランティア団体の組織づくりや運営のサポートなども行なっております。

  • インタープリタートレーニングセミナー運営実施
  • 足立区自然観察リーダーフォローアップ講座実施運営委託(足立区)
  • 足立区自然観察リーダー養成講座実施運営委託(足立区)
  • パークエンジェル育成講座(足立区NPO活動支援センター)
  • 「水辺のインタープリテーション」「水に賢い子どもを育む年間型活動プログラム」に関わる業務委託(公益財団法人B&G財団)
  • 「千住花花会」ワークショップ等実施委託(足立区)

くわしくはこちら

自然教育ならびに教育的手法に関する調査研究の取り組み

地域の自然環境、生態系、生物多様性および動植物の保全管理に関する調査研究や、体験学習の手法に関する、研究開発および各種マニュアル、ティーチャーズガイドの制作も行なっています。

  • 自然環境・保全管理等の調査研究
  • マニュアル・テキスト等の制作
  • 展示・解説板の制作

くわしくはこちら

自然教育/環境教育実践による地域環境保全推進の取り組み

市民や市民団体、行政、民間企業などとの協働による自然環境の保全、復元を行うともに、企業のCSR活動のコンサルティングなども行なっています。

  • ビオトープ・エコアップの実践
  • 企業向けCSR