足立区都市農業公園 
園内のみどころ情報

 
園内では、様々な生き物が日々目まぐるしく変化しています!
ここでは、園内のみどころをご紹介いたします。

園内で見られる植物情報

 

八重寒紅(ヤエカンコウ)

梅林

早ければ1月中旬に開花する早咲きの品種。花は濃い紅色で八重咲き。
 

八重唐梅(ヤエトウバイ)

梅林

早咲きの品種。花は八重寒紅よりも鮮やかな紅色で八重咲き。
 

小梅(コウメ)

梅林

白く可愛らしい花を咲かせ、小粒の実をつけるのが特徴。
 

寒桜(カンザクラ)

芝生広場

寒緋桜と山桜の交配種。
2020年は1月20日に開花。
開花状況:開花
 

蝋梅(ロウバイ)

梅林脇

名前に「梅」と付くが梅の仲間(バラ目バラ科)ではなく、クスノキ目ロウバイ科の植物。香り高く、透明がかった黄色い花を咲かせる。

 

福寿草(フクジュソウ)

梅林

キンポウゲ科の多年草。根には毒がある。福を招き、長寿を意味する花として日本では古くから親しまれています。

 

十月桜(ジュウガツザクラ)

新芝川沿い、公園前歩道

ポツポツと淡いピンク色の花を咲かせる。9月頃から咲き始め、4月頃まで咲き続ける。
 

冬桜(フユザクラ)

芝生広場、公園前歩道

11月と3月に2回咲く一重咲きのサクラ。花は咲き初めは薄いピンク色でのちに白色になる。
 

ユリオプスデージー

正門広場脇

晩秋から春にかけて花を咲かせる常緑低木。鮮やかな黄色い花と銀色がかった葉が特徴です。

 

バラ

長屋門前、ハーブ園

様々な品種のバラが園内各所に咲いています。
 

ローズマリー

人と自然の共生館(ハーブ園)

シソ科の常緑低木。香り高いハーブで西洋料理などにも使用される。