足立区都市農業公園 
園内のみどころ情報

 
園内では、様々な生き物が日々目まぐるしく変化しています!
ここでは、園内のみどころをご紹介いたします。

園内で見られる植物情報

「はるかのひまわり」

 
 
7月8日(月)の生育状況です。
「はるかのひまわり」とは

1995年1月17日朝5時46分、神戸で大きな地震がおこり、当時小学6年生のはるかちゃんが亡くなりました。
震災から半年後、かつて彼女の家があった場所には、なんとたくさんのひまわりが…はるかちゃんのお母さんは力強く咲くひまわりを見て「娘がひまわりとなって帰ってきた」と涙しました。その花を「はるかのひまわり」と呼び、その種を取って有志の方々の手によって全国各地で植え続けられています。
足立区都市農業公園でもその種を受け継ぎ、古民家前の畑で育てています。
園内で咲く姿を見かけたら、あたたかく見守ってくださいね。

 

ハンゲショウ

ため池脇

水辺や湿地に生えるドクダミ科の植物。花期に上部の葉の表面が半分ほど白く変色するのが特徴。
 

ヤブカンゾウ

古民家周辺

鮮やかな橙赤色の八重の花が特徴。花は朝に開き、夕方にはしぼんでしまう一日花と言われています。
 

アガパンサス(ムラサキクンシラン)

梅林

地面に大きく根を張り、青紫色のツヤのある花を咲かせる、ヒガンバナ科の植物。
 

シモツケ

正門広場

紅色の小さな花を枝先にたくさんつける、バラ科の落葉低木です。
 

エキナセア

人と自然の共生館(ハーブ園)

花の中心部がクリのイガのように球状に大きく盛り上がるのが特徴的なハーブの一種。
 

バラ

古民家周辺、ハーブ園など園内各所

園内各所で様々な品種のバラが咲いています。
 

アジサイ

梅林横、古民家前など園内各所

アジサイの花の色は土の酸性度によって変わると言われています。様々な色のアジサイを探しながら楽しんでください。
 

ラベンダー

ハーブ園

小さな紫色の花を咲かせます。芳香剤や防虫にも利用され、香りが魅力のハーブです。