冬の貴重な木の実

寒い日が続きますね。

たわわに実っていたピラカンサの実、よく熟してきたなと思った翌日、
誰かにきれいに食べ尽くされていました。

まさに、一粒も残さずに、落とさずに、といった具合です。
実が熟すまで待っていたのでしょうか?

今日はというと…

朝、大勢のムクドリが冬囲いを賑やかにつついていました。

何を食べているのかな?と近づいてみると、材料に使っていたマートルの乾燥した実(写真右)を食べていたようです。

思わず、こんなに分かりにくいところに付いていた実をよく見つけたなぁ…と感心してしまいました。

寒い冬でも公園には貴重な餌を求めてたくさんの鳥がやってきています。

Comments off

【イベント追加募集】1月19日(日)野鳥で目黒川の環境を知ろう

中目黒公園のすぐ脇を流れている目黒川。
目黒区のシンボルであり、私たちを癒してくれている目黒川。
この季節はいろんな種類の野鳥が飛来してきていてとても賑やかです。

1月19日にイベント「野鳥で目黒川の環境を知ろう」を予定しています。
こちらのイベントでは、野鳥の種類や生態を観察することで、自然環境としての目黒川について参加者の皆さんと一緒に考えます。
募集を締め切りましたが、若干名空きがあり追加募集しています。

日 時:1月19日(日) 10:00~12:00
対 象:小学生~大人(小学校3年生以下は保護者同伴)
※大人の方のみのご参加も大歓迎です。
参加費:無料
定 員:15名
主 催:花とみどりの学習館
内 容:野鳥の生態を観察して、目黒川の環境を考えます。

詳しくは、花とみどりの学習館受付(〒153-0061 中目黒2-3-14 中目黒公園内)
または、電話TEL:03-5721-0871にてお問い合わせください。

Comments off

新年あけましておめでとうございます

お天気に恵まれた年末年始を迎えました。

まだもう少し寒さの厳しい時期がありますが、
園内では、もう春の訪れの兆しを知らせる
スイセンやロウバイなどが咲きはじめ、
お散歩を楽しむ方々を楽しませています。

皆さんは新年の抱負をもう立てましたでしょうか?
今年は、ハーブを育ててみよう!と考えている方にお勧めなのが、
ローズマリーです。

ローズマリーは、地中海原産の低木ですが、
東京の寒さでも充分外でも冬を越すことが出来ます。

日当たり良好な場所を好みますが、冬の寒い時期にも、
ブルーのかわいいお花を咲かせ、日陰でも育ちます。
花は、ハーブティーとしても楽しめますし、香りがいい葉はお料理にも大活躍です。

ご興味のある方は、花とみどりの学習館の窓口でお尋ねください。
詳しいスタッフが解説いたします。

今年も中目黒公園がたくさんの笑顔であふれますように、
スタッフ一同、みなさんのお越しをお待ちしています。

Comments off

年末年始のお知らせ

12月28日(土)から2020年1月4日(土)まで
花とみどりの学習館は休館いたします。

今年も、皆様のおかげで様々な植物が育ち、
園内では多くの方が楽しい時間を過ごすことができました。
今年も一年、ありがとうございました。

園内はすっかりと冬の装いになりました。

サクラ(写真下)は、夏の間から来年に向けての芽を作り、今は休眠状態です。
寒い冬を乗り越えることで、花を咲かせることが出来るようです。

春には、きれいな花を咲かせてくれるでしょうか。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。
よいお年をお迎えください。

Comments off

冬の目黒で…

ある日、目黒川を訪れてみると…

日なたぼっこをしている「オナガガモ」
魚を狙って水面をにらめっこしている「カワウ」
木の隙間に隠れている「ゴイサギ」

など、たくさんの野鳥を観察することが出来ました。

たくさんの野鳥がやってきている目黒川ですが、野鳥にとっての目黒川は、

“エサがたくさんある場所?”
“のんびり休憩するのにちょうどよい場所?”
“すみやすい場所?”

どんな場所なのでしょうか…?

1月19日(日)に花とみどりの学習館では、
イベント「野鳥で目黒川の環境を知ろう!」を実施します。

野鳥の種類や生態を観察しながら、目黒川の環境の状態を学んだり、自然環境としての目黒川について一緒に考えます。

1月10日(金)締め切りです。詳しくは12月25日号の区報または、こちらをご覧下さい。みなさんのご応募をお待ちしています。

Comments off

冬囲い

12月に入ると、めっきり寒くなり、
公園に遊びに来る人々の装いもだんだんと厚手の服装になってきました。
公園にはたくさんのハーブが植えてあり、中には寒さに弱い植物もあります。
毎年この時期は、植物たちの冬支度で大忙しです。

今回は、公園作業日のボランティアさんや、花みどり人講座の皆さんと
レモングラスの冬囲いを行いました。
こちらはその作業の様子です。

枯れ草や切り戻したハーブを集め、株の周りを覆うように囲っていきます。

まるで小さなテントが立ち並ぶようですね。
皆様の協力のおかげで、今年も素敵な冬囲いが出来ました。
来春また元気に葉を茂らせてくれることを楽しみにしています。

Comments off

公園の宝もの

雨が降る度に寒くなりますね。
公園は、紅葉真っ盛りです。

冷たい雨の中ですが、公園の中を散歩するといろいろな色が形の葉っぱがあります。
  

秋になると落葉樹の葉は、紅葉し、
色とりどりの葉を、地面に落とします。
木は休眠状態になり暖かい春を待ちます。

公園に落ちるたくさんの落ち葉は、
花壇や畑の土に欠かせない落ち葉堆肥を作るため公園の宝ものです。

落ち葉は、公園の生き物にとっても暖かいフカフカのベットになり、
寒い冬を乗り切る隠れ家になります。
葉っぱをこっそりめくってみると、
何かいきものを見つけることができるかもしれませんよ。

これからどんどん寒くなりますが、冬の公園も楽しいですよ。
暖かい服を着て遊びにきてくださいね。

Comments off

冬の訪れと目が合いました

夏は、桃色の花をたくさん咲かせていたフヨウ

今年伸びた枝を剪定する作業を行いました。
作業が終わり、切った枝を処理していると…

ふと目が合いました。

大きな口をぽかんと開けて、つぶらな眼でこちらを見ているように見えませんか?

剪定した枝には、葉を落とした痕の“葉痕(ようこん)”が残っていて、
その脇からは新たな芽が出ていました。

思わず、作業をする手を止め、いろんな方向からチェックしてしまいました。

フヨウの葉は大きいので、枝についていた葉の根本も大きく、大きな口になったのでしょうか。一つの枝にいくつもの顔があるようにも見えます。

これから、植物が葉を落とす時期になると葉痕や冬芽などを観察することができます。

冬の時期だけのお楽しみです。ぜひ探してみて下さいね。

Comments off

これはなんの実?

秋になり、中目黒公園の植物はたくさんの実をつけました。
実の色や形、香りもいろいろ。
見ているだけでも楽しくなります。


これはおなじみのカキ!
公園祭で来場した皆さんに味わっていただきました。


これは甘い香りのするカリン!
そのままでは食べられませんが、加工すると利用できます。
17日のイベントで参加者の方々にはちみつ漬けを作っていただきました。

他にも、園内を見渡すといろいろな実があります。
その一部をご紹介します。


こちらはグローブみたいな形をしたハヤトウリ!


これはユズ?・・・いいえ、大きくなったカボスです!


これは何でしょう??
赤と緑の鮮やかな色をしていますね。
オキナワスズメウリといいます。

まさに実りの秋。
園内のいろいろな実は講座やイベントで使用するなど、皆さんに楽しんでいただいています。

Comments off

11月2日イベント「植物の絵を描いて観察力を身につけよう」追加募集中!

11月2日イベント「植物の絵を描いて観察力を身につけよう」
に、若干名の空きが出ましたので追加受付中です。

日 時:11月2日(日)13:30~15:30
対 象:小学生以上(小学生は保護者同伴)
定 員:15人
主 催:花とみどりの学習館
内 容:ゲーム感覚で植物の特徴やパターンを観察しながら絵を描きます。

秋の公園の植物を、あらゆる感覚を使って、
ゲームのように楽しみながら、描いていく事で、
視覚だけではない観察力が身につきます。
子どもから大人まで、絵の苦手な方も得意な方も、
お楽しみいただけるイベントです。       
「新しい発見」をしてみませんか。

ご希望の方は、花とみどりの学習館窓口にてお申込みいただくか
学習館にお電話にて、お申込みください。
小学生以上で小学生は保護者同伴でご一緒に、ご参加ください。
よろしくお願いします。

問い合わせ 花とみどりの学習館
(開館時間9時~5時、月曜日休館、月曜が祝日の場合はその翌日が休館)
tel.03-5721-0871

Comments off

Older Posts »