タグ別アーカイブ: 足立区

足立区荒川ビジターセンター

施設の概略

~川を知る、川に親しむ、川と共に生きる~

荒川ビジターセンターでは、荒川を知り、ふれ合うこと。そうした体験を通して「潤いのある街」、「後世に継承すべき豊かな環境」について 考えるきっかけとなるような活動をしています。

〒120-0034 足立区千住5-13-5 足立区生涯学習総合施設「学びピア21」 4階
電話 03-5813-3753 FAX 03-3870-8544
https://ces-net.jp/ara-vc/


主な事業内容

・荒川に関するミニプログラムの実施
・館内展示の作成と解説
・自然体験プログラムの実施
・出張授業、自然体験などの団体、学校対応プログラムの実施

CESのかかわり

平成12年の開館以来、弊社が運営を請けおっています。

足立区生物園

施設の概略

~いのち・ふれあい・共生~

“いのち”の営みを続ける生きものたちとの“ふれあい”の場として、命の尊さ、すばらしさを感じられる展示やプログラムを提供しています。生きものとの心温まる交流・観察を通じ、自然環境の大切さ、自然との“共生”について学べる施設です。

〒121ー0064 東京都足立区保木間2-17-1
電話 03-3884-5577
http://www.seibutuen.jp

主な事業内容

体験型プログラム

生きものとのふれあい(小動物ふれあいコーナー、不定期的に昆虫・爬虫類・両生類・魚類とのふれあい)
解説員による生きものガイド
生きもの不思議発見プログラム(各種)
ちびっこプログラム(乳幼児向け)
ザリガニつり

ボランティア活動

チョウの飼育ボランティア
カブトムシクワガタ飼育ボランティア

学校対応プログラム

出張授業
団体対応プログラム(生物園クイズラリー、スポットガイド等)

CESのかかわり

平成16年度から、受付・解説業務から始まり、その後、チョウの飼育、ミュージアムショップ運営、ホタルの飼育の各業務を受託しています。平成26年度からは指定管理者として施設管理業務、公園管理業務なども行っています。

弊社受託後、来園者数が増加し、現在では年間約15万人の来園者数を獲得しています。

桑袋ビオトープ公園

施設の概略

~自然と共生するまちの実現をめざして~

桑袋ビオトープ公園は、もともとあった足立の自然の姿をとりもどそうとつくられた公園で、人の手によって生きものを持ち込むのではなく、環境を整えることで生きものたちが自然と集まり暮らすことをめざしています。

〒121-0061 足立区花畑八丁目2番2号
電話 03-3884-1021 FAX 03-3884-1041
https://www.ces-net.jp/biotop/

主な事業内容

自然体験プログラム

導入型、発展型プログラム
窓口での簡単なプログラム(草花ステンシル、飼育生物のエサ探し等)

ボランティア活動

ビオトープ公園ジュニアレンジャー活動(自然調査、自然解説員のお仕事体験等)
水辺環境管理ボランティア
ザリガニ釣り活動

CESのかかわり

平成17年から解説・自然調査業務を受託し、その後平成22年度から園内の環境管理業務も受託しています。環境管理業務を弊社受託後、都市公園としての機能と生態系保全を融合させた環境管理を実施しています。