自然教育・環境教育の実践する場と機会の拡充

中目黒公園花と緑の学習館から講座のお知らせ

弊社の受託施設である目黒区中目黒公園では、農薬や化学肥料を使わない、循環型の園芸を行っています。この度、春から始まる「花みどり人講座」「エコ園芸生活講座」の受講生の募集をしています。

関心ご興味のある方のご応募をお待ちしておりますので、関連サイトを御覧ください。

花みどり人講座

花みどり人講座画像中目黒公園で実践している循環型園芸活動の講義と実習を通して、楽しみながら自然の仕組みやつながりを生かした園芸を学びます。講座終了後はその成果を地域や公園などでのボランティア活動に生かしていきましょう。

日 時:4月~翌年3月の毎月第2~4土曜日10:00~12:30(全36回)
会 場:中目黒公園花とみどりの学習館
対 象:講座・実習とも継続的に参加できる方で、講座終了後に目黒区内の公園等でボランティア活動ができる方
定 員:24名(応募者多数の場合は抽選)

エコ園芸生活講座

エコ園芸生活講座では、生ごみ堆肥づくりをはじめとした環境に配慮した園芸について学ぶ講座です。プランターでも簡単に楽しめるハーブや野菜の育て方、利用方法など園芸初心者の方も楽しく受講できます。

日 時:4月~8月の毎月第2・4木曜日10:00~12:30(全10回)
(4月は第3木曜日も実施、8月は第4木曜日のみ実施)
会 場:中目黒公園 花とみどりの学習館
対 象:どなたでも
定 員:16名(応募者多数の場合は抽選)

申込みの方法

お申し込みは往復ハガキに下記の記入事項を記入し、3月15日(必着)までに下記応募先までお送りください。

記入事項

①講座名「花みどり人講座」または、「エコ園芸生活講座」
②郵便番号・住所、氏名(ふりがな)
③電話番号・FAX番号
④年齢
⑤性別

応募先

〒153-0061目黒区中目黒2-3-14 中目黒公園花とみどりの学習館宛

問合せ先

中目黒公園花とみどりの学習館TEL:03‐5721‐0871
中目黒公園花とみどりの学習館ブログ:https://www.ces-net.jp/nakameguro-park/
みなさまのご応募をお待ちしております!

 

おくたま自然案内所(モリパークアウトドアヴィレッジ)

「奥多摩10座に登ろう!」をテーマに、各山の紹介だけでなく、生きものや登山コース上で見られる野草、野鳥の紹介を行いました。子どもには動物の剥製や五感で自然を楽しむコーナーが人気でした。
※座とは:山の数え方の単位の一つです。

実施日:平成29年3月25日・26日
実施場所:モリパークアウトドアヴィレッジ(昭島市)

中目黒公園 花とみどりの学習館

施設の概略

園芸や身近な自然を通して自然への理解を深める

2002年春にオープンして以来、たくさんの方に利用していただいている中目黒公園。

地域の皆さんの参加と、活動から育まれる『緑』や『コミュニケーション』を大切にしながら、農薬や化学肥料に頼らず、植物も昆虫もその他の生きものもみんなが棲みやすい環境づくりを目指しています。

〒153-0061 東京都目黒区中目黒2丁目3番14号 目黒区立中目黒公園内
TEL・FAX 03-5721-0871

http:/www.ces-net.jp/nakameguro-park

主な事業内容

中目黒公園は都会にありながら、ハーブや花、野菜などが栽培され、生き物がすむ原っぱもあり、季節を感じてのんびりとした気持ちになれます。イベントやボランティア活動などを通じて、土に触れ、植物を育て、自然と触れ合う心地よさを感じませんか。
・農体験、ハーブの栽培や利用、園内の自然を体験するイベント
・花や緑に関するボランティア講座、堆肥づくりと活用を学ぶ園芸講座
・その他、中目黒公園としては、ボランティアグループが運営するハーブの利用、野菜の栽培や収穫に関するイベントも体験できます。

CESのかかわり

平成14年の開園から花とみどりの学習館運営を受託。毎年「花みどり人講座」を実施し、修了生が区内各所でボランティア活動を行っています。

園内植物の栽培・管理をイベントと関連させ、公園の魅力を体験する機会と管理を併せた事業展開を行っています。

山のふるさと村ビジターセンター

施設の概略

~人と自然のつながり~

秩父多摩甲斐国立公園内にある東京都の自然公園施設「山のふるさと村」の中にあるビジターセンター。インタープリターが常駐し、園内の動植物や史跡を素材とした自然体験プログラムやキャンプ、展示や印刷物の作製を行っている。

〒198-0225 東京都西多摩郡奥多摩町川野1740
電話 0428-86-2551
http://www.yamafuru.com/

主なイベント情報

・自然体験プログラム(ガイドウォーク、スライドショー、宿泊者向けナイトプログラムなど)
・展示作成及び解説業務
・公募型宿泊行事(子供向け、親子向け、女性限定などのキャンプ事業)
・学校等の団体利用、個人向けオーダーメイドの自然体験の受け入れ
・ジュニアレンジャープログラム
・自然調査

CESのかかわり

1990年の開設当初から、ビジターセンターの解説業務をCESが受託業務として行っており、CESが最も古くから運営している拠点の一つです。山のふるさと村の公園としての管理運営は奥多摩町が行っている。

御岳ビジターセンター

施設の概略

~信仰の山に守られた多様な自然が残る場所~

さわる・見る・聞く・香りを自分で感じて発見しよう!御岳ビジターセンターは体験しながら自然や文化にふれあう施設です。

〒198-0175 東京都青梅市御岳山38-5
電話 0428-78-9363
http://mitakevc929.ec-net.jp/

主な事業内容

・ムササビ観察会
・子ども自然教室

CESのかかわり

1992年度から、青梅市より解説業務を受託しています。
御岳山ならではの宿坊を利用した1泊2日のムササビ観察会や夏休み子ども自然教室、女性のための登山養成講座など、ファミリー向け、子ども向け、登山者向け、さまざまなイベントを企画しています。

山梨県森林公園金川の森

施設の概略

~自然に親しみ、散策や軽スポーツも楽しめる 森林公園金川の森~

どんぐりの森、スポーツの森、さくらの森、かぶとむしの森、こもれびの森、ふれあいの森の6つの森からなる約36haの森林公園。

山国の山梨県には珍しい平地林に位置し、サイクリングなどのスポーツから森林浴や動植物の観察など多彩な活動が楽しめます。

〒405-0074 山梨県笛吹市一宮町国分1162-1
TEL:0553-47-2805
http://kanegawa-park.com


主な事業内容

・解説業務
・展示作成業務
・イベント運営
・自然環境調査
・団体対応
・日常的施設管理業務

CESの関わり

平成25年度より指定管理運営を行う構成団体の一つとして運営にあたっています。

桂川ウェルネスパーク

施設の概略

~里山、農林業、食育~

里山をテーマに、2007年に設立。高台にあり、眺めは最高。園内には、森や田畑があり、自然体験や農業体験イベントを通して、食育や自然の大切さを伝えている。また、ドッグランやアスレチック遊具、BBQサイトもあり、親子で1日楽しめる施設となっている。

〒409-0502
山梨県大月市富浜町鳥沢8438
電話 0554-20-3080 FAX 0554-26-5444
http://www.wellnesspark.jp/

主な事業内容

・農業体験
・野菜やハーブの種まき
・田植え体験
・収穫体験
・加工、調理体験
・自然体験
・ガイドウォーク

・この他、よってって市(クラフト市)など、大きなお祭りイベントの企画運営

CESのかかわり

2009年度より、アメニス山梨(桂川)グループの一員して、主に利用促進業務を担当。イベントをはじめ、団体対応、展示、印刷物、広報、農園管理など、幅広く業務を行っています。

野菜や暮らしのものを手作りするイベントを通して、自然の大切さを多くの人に伝えています。

足立区 都市農業公園

施設の概略

~自然に学ぶ、自然と遊ぶ、自然と共に生きる 都市農業公園~

有機農業による農業体験等を中心に、農のある暮らしの体験、四季折々の自然や花とのふれあい、安心安全な食育など、様々な質の高いプログラムを楽しむことのできる公園を目指します。

〒123-0864 東京都足立区鹿浜2-44
電話 03-3853-4114   https://www.ces-net.jp/toshino/index.html

主な事業内容

解説業務、展示制作、有機農業展開、ボランティア・コーディネート、施設管理、公園管理、温室管理、レストランハウス運営管理 など

有機農業の実践と安全安心な公園管理による食育を展開するとともに、生物多様性保全の重要性を伝えます。

CESのかかわり

2017年度から、共同事業体・代表団体として管理運営を行っています。

那須平成の森

施設の概略

那須御用邸の跡地に広がる、自然豊かな森の中、那須平成の森はあります。フィールドセンターでは、インタープリターが常駐し、人が自然に直接触れ合える場を提供しています。

〒325-0302 栃木県那須郡那須町大字高久丙3254
TEL 0287-74-6808 (9時~17時)
http://www.nasuheiseinomori.go.jp/

主な業務内容

展示解説、プログラム実施、スタッフ育成、外部研修 など

CESのかかわり

開園初年度である平成23年度から、管理運営を行う公益財団法人キープ協会に協力して運営にあたっています。

練馬区立 中里郷土の森緑地

施設の概略

~緑の豊かさを実感できる場 中里郷土の森緑地~

緑の保全と創出に関する意識の向上を図るために、身近な生きものの飼育・生体展示、緑とふれいう体験プログラムを展開するとともに、緑地や周辺地域を保全するボランティアの養成、コーディネートを実践し、区民協働を推進しています。

〒178-0062東京都練馬区大泉町一丁目51番2号
電話 03-3922-3021  https://www.ces-net.jp/nakazato/

主な事業内容

解説業務、展示制作、ボランティアコーディネート、動物飼育、施設管理

身近な生きものの飼育・生体展示と体験型プログラム等の教育普及により、生物多様性保全の取り組みを実践する。

CESのかかわり

2017年度より、東京都練馬区から管理運営を受託しております。