自然体験プログラム・自然教室の企画運営

中目黒公園花と緑の学習館から講座のお知らせ

弊社の受託施設である目黒区中目黒公園では、農薬や化学肥料を使わない、循環型の園芸を行っています。この度、春から始まる「花みどり人講座」「エコ園芸生活講座」の受講生の募集をしています。

関心ご興味のある方のご応募をお待ちしておりますので、関連サイトを御覧ください。

花みどり人講座

花みどり人講座画像中目黒公園で実践している循環型園芸活動の講義と実習を通して、楽しみながら自然の仕組みやつながりを生かした園芸を学びます。講座終了後はその成果を地域や公園などでのボランティア活動に生かしていきましょう。

日 時:4月~翌年3月の毎月第2~4土曜日10:00~12:30(全36回)
会 場:中目黒公園花とみどりの学習館
対 象:講座・実習とも継続的に参加できる方で、講座終了後に目黒区内の公園等でボランティア活動ができる方
定 員:24名(応募者多数の場合は抽選)

エコ園芸生活講座

エコ園芸生活講座では、生ごみ堆肥づくりをはじめとした環境に配慮した園芸について学ぶ講座です。プランターでも簡単に楽しめるハーブや野菜の育て方、利用方法など園芸初心者の方も楽しく受講できます。

日 時:4月~8月の毎月第2・4木曜日10:00~12:30(全10回)
(4月は第3木曜日も実施、8月は第4木曜日のみ実施)
会 場:中目黒公園 花とみどりの学習館
対 象:どなたでも
定 員:16名(応募者多数の場合は抽選)

申込みの方法

お申し込みは往復ハガキに下記の記入事項を記入し、3月15日(必着)までに下記応募先までお送りください。

記入事項

①講座名「花みどり人講座」または、「エコ園芸生活講座」
②郵便番号・住所、氏名(ふりがな)
③電話番号・FAX番号
④年齢
⑤性別

応募先

〒153-0061目黒区中目黒2-3-14 中目黒公園花とみどりの学習館宛

問合せ先

中目黒公園花とみどりの学習館TEL:03‐5721‐0871
中目黒公園花とみどりの学習館ブログ:https://www.ces-net.jp/nakameguro-park/
みなさまのご応募をお待ちしております!

 

おくたま自然案内所(モリパークアウトドアヴィレッジ)

「奥多摩10座に登ろう!」をテーマに、各山の紹介だけでなく、生きものや登山コース上で見られる野草、野鳥の紹介を行いました。子どもには動物の剥製や五感で自然を楽しむコーナーが人気でした。
※座とは:山の数え方の単位の一つです。

実施日:平成29年3月25日・26日
実施場所:モリパークアウトドアヴィレッジ(昭島市)

「夏休み青梅子ども体験塾」実施運営業務委託(青梅市)

~南相馬市と青梅市の子どもたちが、自然の中で交流を深める~

昨年に引き続き2年目。8月19日~21日の二泊三日。福島県南相馬市と東京都青梅市の子どもたちが一緒に、交流を深めながら御岳山の自然をたっぷり楽しみました。滝をめざした朝のハイキング、清流の水をつかった青空クッキング、夜にはムササビ観察も・・・。御岳山の地元の方々にも温かく見守られながらの3日間で、夏休みのよい体験になったようです。

戸吹スポーツ公園指定管理イベント(太陽スポーツ施設株式会社)

八王子市営の戸吹スポーツ公園はスポーツ設備の整った公園で、都内では珍しいスケードボードリンクが常設されいます。その他、広い原っぱや遊具などもあり、家族連れから若者まで幅広く憩える場となっております。その公園内において、スポーツだけではなく、自然と親しむ空間づくりを目指し、CESでは、周囲を取り囲む雑木林を使った自然体験イベントの企画、実施や、自然環境の保全、管理のための調査などを請負っております。

御岳山自然教室実施業務委託(青梅市)

御岳山の自然や歴史等を題材とし、動植物の観察会などを、年間4回企画運営・実施しています。

「ムササビ観察会」は、年に3回、「子ども自然教室」は毎年夏休みに実施しています。
武蔵御嶽神社の宿坊に宿泊して、御岳山の自然と文化をとことん満喫してもらう自然教室を実施しています。

自然環境保全啓発事業委託(足立区)

垳川周辺住民及び区民全体へ、生きもの調査など参加型、体験型のプログラムを通し、垳川及びその周辺環境の魅力(自然環境、生息する生きもの、自然と結びついた地元農業、歴史等)を周知啓発することを目的として行います。
年間5回以上(春夏秋冬で1回ずつ以上を目安)の啓発イベントや懇談会の企画、実施、運営を行います。

荒川区立ひぐらし小学校 総合的な学習の時間外部講師(荒川区教育委員会)

小学5年生の総合的な学習の時間において、ペットボトルを使った稲作の学習を通して、身近な自然の営みに気づくことや、人と農業のかかわりについて学ぶプログラムを実施します。
作成するプログラムは、ひぐらし小学校で行われいる食育の授業にあわせた内容とし、年間6回の授業の実施を行います。