7月15日 オオガハスの開花状況をお知らせします

 

・今日は29輪の花が咲いていました。
・今日は約59個のつぼみがありました。
・およそ30輪の花が、毎日咲くようになりました。花の見頃を迎えています。

■オオガハスって?
オオガハスは昭和26年(1951年)、千葉市にある東京大学検見川農場で発見された種子を 大賀一郎理学博士が発芽させたものです。ハスの種子の寿命は長く、オオガハスはなんと 約2000年前の種子と推定され、別名古代ハスとも呼ばれています。 花は例年6月下旬から8月下旬ころまで開花します。朝開いて一定時間経つと閉じるため、午前中 (11時ころまで)が見ごろです。
(※)オオガハスは食用でなく観賞用のハスです。