アメリカザリガニは、昭和初期に日本に持ち込まれた外来種です。地域の自然環境に悪影響を及ぼす恐れのある生物として、外来生物法という法律で、「要注意外来生物」という区分になっています。
桑袋ビオトープ公園でもアメリカザリガニが年々増えつづけ、 ヤゴや水生植物が激減するといった、水辺の生態系への影響が出ていました。
そこで、水生生物の生息環境を守り、公園の生態系のバランスを良好にするために、来園者の方に釣ってもらったザリガニを駆除する、という仕組みを取り入れています。
この仕組みを初めて2015年で5年になりますが、以前と比べてヤゴの数の増加、スジエビの増加など、確実に成果が現れてきています。

アメリカザリガニを日本に持ち込み、増やしてしまったのは私たち人間が原因です。やむを得ずアメリカザリガニを駆除していますが、そのことを忘れてしまってはいけないと考えています。


ザリガニ釣りができる日
  • 1年を通して当公園の開園日であれば、いつでもできます。 (11月~4月はザリガニが冬眠するため、ほとんど釣れません)
  • 受付は午前9時30分~11時30分、午後1時~4時までです。

※区内で高病原性鳥インフルエンザウィルスが確認された影響で、ザリガニ釣りを期限未定で中止とさせて頂きます。


ザリガニ釣りの参加方法
  • 始めにあやせ川清流館で受付をしてください。どなたでも参加できます。
    初めてザリガニ釣りに参加される方は、アメリカザリガニについて知るためのザリガニクイズをやっていただきます。
  • 受付終了後にバケツ、釣りざお、帽子をお貸しします。
  • 釣りは園内の水辺の好きな場所で行ってください。危険ですので、柵の内側には入らないようにお願いします。
  • ザリガニが釣れたらお貸しした道具と一緒にあやせ川清流館にお持ちください。
    記録のためにオスとメスの数を調べていただき、道具を受付に返して終了です。
ザリガニ釣りに参加される方へのお願い
  • ザリガニ釣りをする時は、必ずあやせ川清流館で受付をしてください。
  • 道具は全て受付時にお貸しします。持参した網や釣りざお、飼育ケースなどは絶対に使用しないでください。
  • つかまえたザリガニは全てあやせ川清流館にお持ちください。原則、ザリガニの持ち帰りはできません。