カテゴリー別アーカイブ: 公園サポーター

ジュニアサポーター 7月20日『サンクチュアリの生きもの調査(夏)』

もうじき梅雨の終わりを感じさせる曇天だけれど蒸し暑いこの日に、
ジュニアサポーターの7月定例活動2回目を実施いたしました。

実は本日、『サンクチュアリの実生木救出作戦』を活動予定としていましたが、
活動前の下見時に草やぶの中でアシナガバチが確認され、活動内容を変更いたしました。

サンクチュアリの草やぶにアシナガバチがいることは、いたって普通のことではありますが、
ここは「生きものたちと共存」することが理想の場所なので、
刺激して刺されることを避けるため草やぶに入らず、
「生きもの調査」をおこなうことに急遽、内容変更をさせてもらいました。

そのため、活動に入る前にジュニアサポーターたちにしっかりとハチ対策などを説明。

みんな真剣に聞いてくれました。
でもさすがジュニアサポーター!ハチ対策をしっかりマスターしている子もたくさんいました。

そしてサンクチュアリに移動し、生きもの捕獲開始。
7人のサポーターたちで生き物を捕獲し、何がいるかを調査します。

まだまだ虫捕り網の使い方が不慣れだったりしますので、今後の上達に期待ができます。

やはり今の時期はバッタの幼体がたくさん!
ショウリョウバッタやオンブバッタ、トノサマバッタやクルマバッタモドキ。
次々とジュニアサポーターたちが捕獲します。

そして本日は、日本庭園「帰真園」にも突撃します。
普段は小学生だけで入園できない帰真園ですが、本日は「調査!」の名目でスタッフと入りました。

帰真園は池がありますので、トンボの種類が豊富です。
数種類のトンボは飛んでいましたが、素早くて捕獲できず。
唯一捕獲できたのはアオモンイトトンボのみでした。

調査という「虫捕り」でジュニアサポーターたちのテンションも上がり、
尚且つ湿度の高い日でしたので、お茶タイムをはさみながら楽しい活動となりました。

21名いるジュニアサポーターたちも徐々に親睦を深め、今後の活動にも期待ができます!

【みどりグループ】8月スケジュール

◇8月は以下の予定で活動します。

「外部見学会」では、チョウを呼ぶガーデンの見学に行きます。
参加される方は、8月17日(土)までにスタッフまでお伝えください!
参加されない方は、公園での自由活動となります。

分からないことがあればビジターセンターまでお問い合わせください。

【みどりグループ】7月定例会議報告

7月は以下のことを話し合いました。

1.今後のスケジュール確認
2.秋の花壇づくりについて
3.いのちの森活動(6月)の振り返り、共有
4.いのちの森活動(9月)について案出し

                          以上です。

(詳細についてお知りになりたい方は、みどりグループスタッフまでお声がけください。)

ジュニアサポーター 7月16日『生体展示の生きものお世話』

本日も梅雨の雨模様の中、ジュニアサポーターの7月定例活動1回目を実施いたしました。

本来はいつも通り、二子玉川公園「サンクチュアリ」での活動を予定していましたが、
残念ながら雨…。今年はたくさんのジュニアサポーター登録に恵まれたにもかかわらず、
定例活動日の雨天が多く、なかなか予定通りに活動がおこなえていません。

ですが、雨でも参加してくれるのです!
やる気みなぎる、頼もしいジュニアサポーターたちです。

そこで、本日は「ふれあい休憩室」で展示している生きものたちのお世話を、
6名のジュニサポーターたちでおこないました。
現在展示している、「多摩川の水生生物たち」、「4種類のダンゴムシたち」、
そして「アズマヒキガエル」のお世話です。

「多摩川の水生生物たち」を担当してくれたのは女子ふたり。
大胆に手を濡らしながら水槽のお掃除をしてくれました。
掃除の後は魚のエサ、モクズガニのエサを与えてくれました。

男子チームは「4種類のダンゴムシたち」のケース掃除、
そしてこちらもダンゴムシのエサとなる落ち葉などを集めてくらました。

最後はみんなで「アズマヒキガエル」のお世話。
なかなか間近で観察する機会や、触る機会も少ないでしょうから
みんな興味津々。

エサを食べるところの観察をしたい!とのことで、まずはエサさがしをして
おなか一杯になるまで、エサを与えてくれました。
予定していた活動はできませんでしたが、みんなで楽しく活動が出来ました。

今後の活動にもご期待ください!

安全安心グループ 6月の活動のご紹介

安全安心グループの6月の活動を紹介します。

【自由活動 毎週水・土曜日 10:00~11:00頃】
6月は雨の降る日もある中、全ての活動日で活動を行いました。
園内の見回り活動の他、
先月から行っている手すりチェックと看板の拭き上げの続きも行いました。
手すりチェックでは、
工具を変えるなどの工夫をすることで園内の手すりの緩みを解消することができました。

 

 

 

 

 

また毎月恒例の『わんことのハッピータイム ミニ』も行いました。
わんちゃん同士は『はじめましてのあいさつ』の練習をしつつ、
飼い主、サポーター、公園スタッフがお互いに情報共有をするなど、
交流が活発に行われました。
参加者層も様々で、初めて参加した犬と飼い主、
前回の様子を見て参加した家族や当日活動を知って飛び入り参加した家族など、
活動がそのまま利用者へのアピールに繋がっていることを実感しました。

 

 

 

 

 

【定例活動 6月22日(土)10:00~11:00】
6月は当日参加したサポーター全員で園内をまわりながら、
各所の防災設備の場所や機能を確認しました。
また、一部の設備については点検も行いました。
園内をまわっていると、
クチナシが開花していることやヤマモモの実が熟していることに気づき、
季節の自然の様子も楽しむことができました。

こどもグループ【支援活動】『プレーカーの日』7月10日(水)実施報告

今回のメインイベントは何と言ってもランチメニュー!
暑い暑い夏に先駆け、清涼感いっぱい!?「流しそうめん」をやりましたよ。

 

 

 

 

 

午前中から台の準備や火起こしをどんどん進めました。

 

 

 

 

台は竹とペットボトルを組み合わせて作製!
とくにペットボトルの部分は水漏れなど連結部分を入念にチェックしましたよ。

 

 

 

 

 

麺以外にゼリー、ブドウ、チーズなど思い思いの「流したいもの」を用意しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

麺つゆだけでなく「担々麺風?タレ」を用意するこだわりよう!

 

 

 

 

 

みんなの「こだわり」がつまった流しそうめんがスタート!
…直後にあっという間に人だかりができました。

 

 

 

 

 

次から次に無くなっていくので、参加者に負けじとどんどん麺を用意しましたよ!

 

 

 

 

 

ペットボトルのコースが倒れて麺や具材が外に飛び出す、連結部がとれるなどハプニングも多少ありましたが、参加者も一緒にコースを支えたり直したりしながら楽しむことができました。

【イベント】安全安心グループ「二子玉川公園を楽しむ わんことのハッピータイムミニ ~水遊びにチャレンジ~」

 


講師のドッグトレーナーと一緒に、
わんちゃん同士が挨拶できるようになるイベントを毎月行っています。
今月は特別にプールを準備し、わんちゃんが水遊びを楽しむことができます。
暑い夏も、わんちゃん同士の交流に出かけてみませんか。
公園サポーター安全安心グループのイベントです。

日  時

7月13日(土)
10:00~ ※1時間程度、雨天中止

場  所

二子玉川公園エントランス広場と草広場

対  象

公園を利用する犬とその飼い主

定  員

15組程度
※犬1匹に対し、飼い主さん1人以上の参加が必要です。

参 加 費

無料

持ちもの

濡れてもよい服装、帽子や飲み物等の暑さ対策、タオル

申 込 み

申込は不要です。当日、直接会場にお越しください。

問 合 せ

二子玉川公園ビジターセンター
TEL 03-3700-2735

【みどりグループ】6月の活動の様子

みどりグループの6月の活動の様子です。

≪いのちの森≫
みどりグループでは、毎年6月と9月にいのちの森の『育樹』を行っています。
育樹とは森を育てるための作業のことで、森の周りの除草や木に巻き付いたツルの除去、
園路に飛び出したり樹形を崩したりする枝の剪定などを行います。

6/22(土)はそれらの作業に加えて、樹高と幹周を計測する『生育調査』も行いました。
この日はみどりグループサポーターの他、
植樹から関わって下さっているボランティアの総勢13名が参加し、
「除草」「剪定」「調査」の3チームに分かれて作業を進めました。
後半は森に生息する生きものの観察を行い、さまざまな生きものとの出会いもありました。

   

不安定な天気の中で、作業は大変でしたが、
植樹から7年を迎えた森の生長を感じるよい機会となりました。
9月にも育樹を行う予定ですのでぜひご参加ください!

≪ナチュモコガーデン≫
主に散水、芝刈り、花がら摘みを行いました。
花がら摘みは咲き終わった花を摘み取る作業のことです。
「どれが咲き終わった花か?」を見分けるのが難しいので、
みんなで見てコツを共有しました。
 


みどりグループでは一緒に活動する仲間を募集しています。
活動体験はいつでも受付中!
7月の活動予定をご覧の上、ご都合のよい日にお越しください。
(自由活動は初めての方も参加しやすく、オススメです♪)


こどもグループ【自由研究応援企画】昆虫標本づくりのはじめの一歩 6月29日(土)実施報告

昨年度とても好評だったこの企画!今年も事前募集を開始してすぐに定員に達しました。
中には昨年参加された方や高校の生物部の先生の参加もあり、期待度の高さが伺えました。

 

 

 

 

 

 

当日の会場もぎっちり満員状態!

まずは「はじめの一歩」ということで「標本とは?」「標本をつくる理由」など基本的なお話からスタートしました。

 

 

 

 

 

 

標本づくりはスタッフの手元をスクリーンに映し、手順を分かりやすく説明!

どの参加者も真剣に画面を見つめ取り組んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はシロテンハナムグリ、ナナホシテントウを材料に標本をつくりましたよ。
ハナムグリなど「甲虫」と呼ばれる虫は標本づくりの基本中の基本で、まずはこれができるようになればカブトムシやクワガタの標本も簡単につくることができるようになります。
テントウムシは針を刺せない小さな虫の標本づくりをテーマに実施しました。

 

 

 

 

 

途中、「こども達が飽きる」「足が取れて落ち込む」という場面もありましたが、
お父さんやお母さんが真剣に取り組み無事全員標本づくりを終えることができました。

次回は虫を変更して翅を広げる工程も加えたステップアップ編を行う予定です。

ジュニアサポーター 6月18日『サンクチュアリちび森に看板設置と植樹』

ジュニアサポーターでは6月18日に定例活動を行いました。

今回は、サンクチュアリにあるちび森の看板設置と植樹をしました。
看板は5月の活動でみんなでつくったものですよ。
そして植樹にはなんと!みどりグループのサポーターさんが助っ人として来てくれました!

ジュニアサポーター9名とサポーターさん・スタッフも数に入れて
総勢13名の賑やかな活動になりました。

まずは土をひたすら掘って耕す植樹グループと看板設置グループに分かれて作業開始です。
2グループともどんどん進んでいきます。
看板はあっという間に設置できました。これで遠くからでもちび森がわかるようになりました。

看板設置グループも植樹グループに合流!
と思ったら場所に対して人数が多すぎるようなので、サンクチュアリでバッタ探しもすることにしました。
引き続き掘り進めて、バッタも捕まえて‥大忙しです。
穴掘りはみどりグループのサポーターさんが丁寧にコツを教えてくれます。

たくさん穴を掘って、土もふかふかになったところで植樹をしました。
今回植えた樹はシラカシ、クロガネモチ、ヤマモモ、ユズリハの4種類です。
ここでもみどりグループのサポーターが大活躍。土のかけ方から水やりまで
色々なことを教えてくれました。

ジュニアサポーターも、ちび森ものびのびと大きく育ちますように!
次回の活動報告もお楽しみに!