カテゴリー別アーカイブ: 見どころ

「多摩川のいきもの調査」

ビジターセンターのスタッフは毎月1回多摩川にでかけ、水生生物の採集調査を行っています。採集した生き物のうちいくつかはふれあい休憩室で展示しているので御覧になった方もいるかもしれませんね!

昨年の9月から始めましたが、今まで皆さんに紹介してこなかったので調査の様子も含め今後小出しにしていきたいと思います。

特別採捕許可証

1回目の報告という事でまずはまじめなお話から…

実は海や川は生き物や環境を守るために「漁業調整規則」というものが定められています!調査も含め生物を採集する場合、使う道具も合わせて許可をもらわなくてはいけません。

ビジターセンターの調査地は公園のすぐ隣を流れる多摩川(東京都側)なので、世田谷区が東京都から許可をもらい、公園のスタッフが行っています。

調査の時や罠をかける時は必ず許可証を持っていきます。

…ちょっと硬い話でしたが、とても大事なことなのでお話させてもらいました。それではここから生きものを紹介していきますよ。

まずは…多摩川と言えばこの魚⁉ハゼの仲間「ウキゴリ」です。流れがゆるやかな場所や川岸にせり出した植物の下にいることが多く、調査では1年を通じてたくさん採れます。上に書いたような場所に網を入れれば100%入る!と言っても言い過ぎではないでしょう。

「水中をフワフワと浮く様子」から名付けられ、名前の通りの姿もよく見かけます。ちなみに「ゴリ」はハゼのことを指します。地域によっては水の底で生活する小さな魚をまとめて「ゴリ」と呼んだりもするようです。

ウキゴリの仲間は数種類いて、そのうち2種類が二子玉川周辺ではよく採れます。上の2枚の写真はとても良く似ていますが実は違うんですよ!皆さんはどこが違うのかわかりますか?

いくつかポイントはありますが、一番分かりやすい前の背ビレ(第一背ビレ)にご注目!

うしろ端に黒い模様があるのは「ウキゴリ」、ないものは「スミウキゴリ」です。さあ、上の写真を見てどっちがどっちかわかるでしょうか?

答えがわからない時やくわしく知りたい方はぜひスタッフに聞いてみて下さい。

1階のふれあい休憩室水槽には2種類ともいるので本物を見てみるのも良いかもしれませんね。

 

(やたっち)

 

 

この~みなんの実?

こんにちは。

秋もだんだんと深まってきていますね。

暖かい日と寒い日が交互にくるので体調管理はしっかりとしましょう。

今回は公園で見られる木の実クイズです。

写真の実はどんな植物の実でしょう?

正解は一番下を見てくださいね

 

では問題

①遊具の遊び場などに生えています。

幹がツルツルしているのが特徴です。

②エントランス広場や帰真園などに生えています。

「庭木の王様」とも呼ばれる木で江戸五木のひとつです。

③草広場の近くに生えています。

垣根などによく使われる木でキンやギンのものもあります。

④いのちの森の近くに生えています。

地面を這うようにして伸びていきます。(いろんな種類があります)

 

 

 

正解が分かりましたか?

全部分かった方は相当な木の実博士ですね!

答えは

①サルスベリ ②モッコク ③マサキ ④コトネアスター

でした!

今の時期はまだまだいろんな木の実がありますよ。

探してみて下さいね。

(きとさん)

コットンってなんだ?

11月に入り、急に寒くなりましたね~。
あったか素材のものがお店に出始め、冬を感じます。
中でもコットン100%は、汗を吸いやすく保温性があるので
タオルやインナーなどに使われ、人気の素材のひとつです。
 
そんなコットンですが、どんな風にできているのか知っていますか?
実は、ワタという植物からできています。
ワタは春に種をまいて、夏には黄色い花が咲き、冬が近づくと実がまあるく膨らんで、綿毛がはじけます。

この綿毛を、繊維として利用するんですね。
白いふわふわとした綿毛の中には、種が入っているんですよ。
おふとんのようなやわらかい綿毛に包まれて、種もすくすく育ったのかな?
 
公園ではナチュモコガーデンの奥の方で、ワタを見ることができます!
お散歩したら、見つけてみてくださいね。
(でこぽん)

冬の準備

台風が過ぎ去った後、気温がだんだんと下がってきました。

それに合わせて生き物たちの冬支度が始まったようです。

 

今、日本庭園「帰真園」では、海を渡って越冬にやってきたジョウビタキが観察できます。

この小さな体のどこに、そんな力を秘めているのでしょうか。

 

木々の梢で「ヒッ! ヒッ!」と鳴いていますので、ぜひ、葉が色づき始めた帰真園で探してみてください。

 

 

(ぱんちょ)

香りを探して…

10月も半分が過ぎ、肌寒い日が多くなってきました。

秋の深まりを感じる今日この頃、

公園を歩いているとどこからかいい香りが漂ってきます。

 

香りの元を探して歩いてみると…

見つけました!キンモクセイです。

この甘い香りを嗅ぐと、「秋が来たな~」と感じます。

秋の風物詩の一つですね。

 

キンモクセイは、英語では fragrant olive といい、

「fragrant=よい香りのする」という意味があるそうです。

また、中国にはキンモクセイの花を漬け込んだお酒もあり、

他の国でもキンモクセイの香りが親しまれていることがわかります。

 

キンモクセイの花はあっという間に散ってしまうので、

楽しめるのもわずかな期間。

帰真園、こども広場、いこいの広場など園内各所にありますので、

香りを辿ってお散歩してみると楽しいかもしれませんね!

 

(ちばちゃん)

 

 

 

どんぐりゴマ作り

10月14日(月)に1階ふれあい休憩室で実施した自然体験プログラムの様子を紹介します。今回は1階の展示とあわせて、今一押しのどんぐりを使ったプログラム「どんぐりゴマ」作りを実施しましたよ。

あいにくの天気でしたが4人が参加してくれました。

 

自分の好きなどんぐりを選んだらまずは穴あけからスタート!

楊枝でコマの芯をつくったら好きな色を塗って完成。

以上、とっても簡単です!

ふれあい休憩室の利用者も少なくのんびりとプログラムを楽しむことが

できました。こんなカワイイキャラクターもつくっちゃいましたよ!

雨の日のどんぐりゴマづくりの紹介でした!

1階の自然体験プログラムは毎週水、土日祝に実施しています。これ以外にも いろいろなプログラムがありますのでぜひ遊びに来てくださいね。

深まる秋

10月に入って暑い日もまだまだありますが、二子玉川公園では日に日に秋が深まってきました。

落葉が一番早かったのはハナミズキ。赤い実を空に向かって沢山つけて、葉っぱも赤く染まっています。赤色が秋の空によく映えますね。

赤の次は黄色!外来植物でもあるセイタカアワダチソウのお花が咲いていました。

厄介者扱いされる本種ですが、外国では鑑賞用に用いられているお花です。近くで見てみると1つ1つはとても繊細なつくりになっています。

コムラサキも綺麗に色づきました。

少し涼しい空気を胸に吸い込んで、秋の色探しも楽しいかもしれませんね。

秋の代名詞、モミジの紅葉はまだもう少し先かな?

どんどん変わる景色に目が離せませんね。

(あしこ)

もう春の準備、始まってます!

公園内の木々の葉は少しずつ色づき始め、
コナラやクヌギなどの木の実が見られるようになってきました~。
もう、秋まっしぐら。

そんな中で、着々と春の準備を進めている植物があります。

ダンコウバイ(上)とブナ(下)の冬芽(になる)部分です。

今はまだ、葉が残っていますが、冬に近づくと落葉します。
冬芽は春に向けて、もう少し膨らみ、形がはっきりとしてきます。

公園内をよ~く探すと、他にも色々な木々の冬芽が見つかりますよ!
今年の秋は、紅葉と一緒に冬芽探しを楽しんでみてはどうですか?

                         (なべちゃん)

秋でも飽きない虫探し

皆さま残暑の中、いかがお過ごしでしょうか。

この時期は日差しが強く、

体調を崩す方も多いと思います。

外出してなくとも水分補給はしっかりしてくださいね。

 

今回はそんな残暑の中、茂みをガサガサと虫探しをしてまいりました。

この時期はバッタが多いので色々見つかりましたよ。

 

◀ オンブバッタ

イネ科を好む他のバッタと違ってキク科などの植物をよく食べる。今の時期はオンブしている姿も見かけやすい。

 

お次はよく鳴いているバッタの…

 

◀ ヒナバッタ

シャリシャリシャリ…の音(個人の感性で異なる)が聞こえたらこのバッタがいる証拠。腹部が黄色~橙色なので結構キレイ。

 

今度はちょっと珍しいかも。

 

◀ ショウリョウバッタモドキ

シバでも見かけるショウリョウバッタとは異なり背の高いイネ科の多い環境に生息。東京では数が少なめ。身体の横に赤っぽいラインが特徴。

 

そしてみんなの人気者!

 

◀ オオカマキリ

公園で探している子ども達が多いこのカマキリ。今年は多く、見かけやすい。園内では他のカマキリの方が見つかりにくいかも。

 

そんなこんなで色々と見つかり、とても満足できました。

もし園内で面白い虫が見つかったらぜひビジターセンターにお知らせ下さい。

いろいろな話が聞けるかもしれませんよ。

 

以上、久々に虫の見どころを報告しました 【たいしょー】でした。

【たいしょー】

 

 

昔から利用されてきた植物たち

こんにちは。

涼しくなってきたとはいえ、毎日ころころと天気が変化しますね。

今週末にはまた台風も来るようなので、十分に注意して備えて下さいね。

今回はこの時期公園で見られる昔から利用されてきた植物たちの紹介です。

 

イチョウ
漢字では銀杏や公孫樹と書き、実は「ぎんなん」と呼ばれます。
雌雄異株で雌株にしか成らないので、雄株の下をいくら探しても落ちてはいません。
実は食用で茶碗蒸しなどに使われます。
・・・ただし、生やローストの実は有毒なので注意が必要です。
ツユクサ
朝咲いた花はお昼にはしぼんでしまいます。
乾燥させたものが下痢止めや解熱剤として使われ、花の青い色素は
染物の絵の具としても利用されてきました。
エゴノキ
名前は食べると刺激があり「えぐい」ことに由来します。
果実にサポニンを多く含んでいて、洗浄力があるので
若い実は洗濯に使われていました。

 

どうでしょうか?

普段見ている植物たちも、違う一面を知るとまた面白くなりますね。

気持ちの良い日にはゆっくりお散歩も良いですよ。

(きとさん)